恋雪Demoバージョン。

今日で恋雪のDemoバージョン音源が完成いたしました。

今回はこのようにほぼ画面とにらめっこなのですが、 今までのレコーディングではコンプレッサーやエフェクターにとても拘っておりました。

ですが「彪」としての作品からは一切使用していません。

なぜならば…自分の作品から一番伝えたいことを考えたときに、「人間らしさ」を何よりも表現したいと思ったからです。一つ一つの歌詞、音から生々しい「彪」を感じていただきたいです。

一人でも音楽を続けていこうと決心してから、協力者の方々のお力をお借りしながら、随分と自分の作業幅が膨らみました。

わたしは上手に歌を歌えませんし、ギターも弾くことが出来ません。正直それでいっぱいいっぱいになる日もありましたし、ベーシストである自分に葛藤を覚えたことも確かです。

だからこそ、ベースラインを考えるのに一番時間をかけました。自分で作詞して歌った旋律に、寄り添うようなベースラインを意識して色づけをして。

師匠に聴いていただくと初めて「感動した。」という嬉しい言葉をいただき、苦悩を重ねて本当に良かったと自分までも感動してしまいました。ベーシストとして少しずつでも認められていくことが、何よりも嬉しいのです。

あえてわたしはこの恋雪の歌詞や、世界観を皆さまへ伝えることはございません。

聴いてくださったあなたが、どう感じたかを知りたいな…なんて勝手にワクワクしています。

歌詞が聴き取れません!という相談には対処したいです。(笑)

そんな恋雪Demoバージョンは24日より販売受付開始です。

ポスターもよろしくお願いいたします♪


最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square